興信所

興信所選びのポイント

ポイントは

  • 調査力
  • 料金
  • 規模

この3点です。

 

調査力は言うまでもないと思います。

 

証拠が取れない探偵や、相手に気づかれるような探偵に頼んでもトラブルになるだけです。

 

2点目の料金が極めて重要です。ほとんどの探偵事務所は料金がとにかく高いです。200万300万請求してくるところもザラにあります。高くても100万円以内でおさめなくては、たとえ慰謝料を取れても赤字になってしまいます。

 

3点目は規模。探偵事務所は普通の会社と違い、小規模のところがほとんどです。もし依頼後に倒産してしまったらお金は帰ってこないですし調査も行われません。必ずある程度の運営歴がある事務所に依頼しましょう。

 

上記3点を総合してランキングにしたのが下記となります。

 

原一探偵事務所

調査力・・10点
調査員は全て自社社員。調査用の特殊車両も豊富に所有しています。探偵の技術は日本一です。

 

料金・・8点
調査力が高いだけあって格安とはいきません。平均的な浮気調査の場合の料金は90万前後です。

 

規模・・10点
全国に支店があり、創業42年の歴史があります。

 

とりあえず迷ったら原一探偵事務所を選ぶというくらい業界では有名です。

TS探偵社

調査力・・8点
浮気調査に特化しており、確実に証拠をつかみます。地方では提携事務所を使うこともあるので、その点はマイナス評価としました。

 

料金・・10点
とにかく安く抑えたい場合はTSが第一候補となります。短時間での依頼が可能なので、浮気をする日を特定できる場合はここがおすすめです。

 

規模・・7点
全国の探偵事務所とのネットワークを築いていますが支店などはありません。料金を安く抑えるために支店を持たない主義のようです。

アムス探偵事務所

調査力8点
浮気調査のほか行方調査もおこなっています。調査中のリアルタイム報告が可能など実力がかなり高いです。

 

料金7点
調査員1名1時間あたり7500円となっています。通常3名で調査をおこなうので、1時間2万2500円とそれなりの値段になります。

 

規模・・8点
東京本社のほか大阪に支店があります。

 

このサイトを作った理由

はじめまして。山下と申します。

 

私は夫の浮気調査で探偵事務所を2つ使いました。最初に依頼したところは、まともな調査ができず失敗し、その後、別の探偵事務所に相談。そのまま依頼して証拠を確保しました。

 

はじめから、こちらに依頼しておけば良かったのですが、探偵を使ったことがなかったので、近所で張り紙してあったところに、なんとなく頼んでしまい大失敗したのです。

 

50万円以上のお金を無駄にしました。

 

私は浮気調査をしただけでなく、弁護士さんに頼んで慰謝料請求もしてもらったのですが、そのことについても説明しています。今回サイトを作るにあたって、依頼した弁護士や探偵事務所以外の事務所も色々調べました。

 

それでわかったことは、弁護士にしても探偵にしても、まともな所はとても少なくて、悪徳業者がたくさんいるということです。どうか、あなただけは悪徳業者にだまされないでください。

 

このサイトは、浮気で苦しんでる方が、私と同じ目にあわないように、不倫された時にどう行動すべきかお伝えするために作りました。

 

もしも、誰かの参考になったら、嬉しく思います。

 

 

興信所の選び方

大事なことなのでもう一度興信所の選び方を繰り返します。

 

結論から言うと原一探偵事務所がおすすめなのですが、家の近くにハライチの事務所がないという方もいらっしゃると思います(全国対応なので近くになくても出張無料相談に来てくれますが、実際に依頼する場合、多少費用もかさむので、近くに良い事務所があればそこに頼むのがベストです)。

 

ポイントは3点です。

 

届け出をしているか。規模はしってかりしているか

一番大切なポイントはその探偵が正規の探偵であるかどうかをチェックすることです。

 

現在の日本においては探偵は届出制になっています。正規の探偵であれば、必ず、公安委員会への届け出番号を掲示しているはずです。

 

それが見つからない場合は法律を順守していないことになりますから、依頼をするのは絶対に避けて下さい。

 

公安委員会に届け出を出していれば、探偵がきちんと仕事をしているか、依頼者をないがしろにする違法な契約をしていないか、遵守事項を守っているかなどを警察がチェックします。そして守っていないところは営業停止させられます。

 

逆にいうと届け出をしていないところは、当然、法律違反をしていますし、警察のチェックが入りませんし、依頼者からお金を取るだけとって調査はしたふりをするだけという悪質業者ばかりです。絶対に依頼してはいけません。

 

また、届け出をしていても過去3年間に公安の行政処分を受けた興信所には相談しないようにしましょう。行政処分を受けた探偵はこちらの警視庁のページで公表されています。

 

 

調査力はあるか。浮気調査が業務の中心かどうか

次に大切なのは浮気調査を遂行する専門性があるかをチェックすることです。

 

探偵は必ずしも浮気調査をやっているわけではありません。

 

企業向けの信用調査がメインのところもあれば、人探しやペット探しが得意な探偵もいます。

 

最近は盗聴や盗撮対策、ストーカー対策に力を入れている探偵も少なくありません。

 

浮気調査は実は探偵の仕事の中で最も難しい仕事で相当なスキルが要求されます。

 

ホームページなどで、浮気調査の受注件数などをチェックし、実績豊富なところに依頼しましょう。

 

 

料金が適正か

この項目でほとんどの探偵事務所が「依頼すべきでない」探偵事務所になってしまいます。

 

どこも料金がとにかく高いのです。

 

探偵業界は料金を規制する法律はないので、まったく統一されておらず、料金はピンきりです。公安委員会も料金が高いという理由だけで指導や命令することはできません。

 

決して安ければいいというものではないですが、いくつかの興信所の料金を比較し、高すぎないかどうかを分析するのは大切です。興信所の料金の相場についてはこちら。