ストーカー被害

ストーカー被害の対策に強い探偵

探偵事務所の行っている業務は尾行や写真撮影などによる素行調査や家出・行方不明人の捜索の他、最近ではストーカー被害の相談の多さからボディーガードなど身辺警護を行う事務所もあります。

 

探偵に依頼しようと思う場合は、浮気調査や人探しが中心でしょう。

 

しかし、誰かに監視されているかのような人の視線を感じている場合や、郵便物が無くなっているなどの不可思議な現象が起きたときなどでも探偵は使えます。

 

こういったことが起きた場合、たいていは不倫相手が絡んでいたり、ストーカー被害が原因であることが多いです。

 

警察はすぐには動いてくれないことが多いですが探偵はすぐに調査してくれます。人は、正体の見えないものに恐怖を感じるので、犯人が分かっただけでも一安心できます。

 

尾行もばれないように行うことはプロなのでもちろんですが、一番大きなポイントは、法的に効力のある証拠を抑える効率の良い仕事ができるのが探偵事務所です。

 

ストーカーを見つけても素人が撮影すると、暗闇で顔が見えなかったり撮影ブレなどもあります。これだと警察も証拠にならないので、すぐには動いてくれません。

 

そういったことは、探偵事務所ではまず、ないことです。ストーカーを撃退したいのであれば探偵を使って証拠をつかみ警察に逮捕してもらうという流れがベストです。

 

ちなみにストーカー対策なら原一探偵事務所が一番おすすめです。原一のこちらのページを見るとわかりますが、ストーカー対策のページをしっかりと作って被害者にアピールしている探偵事務所は他にはありません。

 

 

まともな探偵はストーカー加害者の味方はしない

探偵は、ストーカー加害者やDV加害者から仕事を受けてはいけないことになっています。また別れさせ屋と呼ばれる別れさせる工作活動もしてはいけないことになっています。

 

しかし、世の中には、お金のためにこういったことを行う悪質探偵事務所もあります。

 

そういったところは、最被害者が相談しても人間の不安に付け込んでお金だけを取り適当な報告をするだけの言わば「素人探偵」というところも少なくありません。

 

そういったところには依頼せず必ず公安から許可を貰っている探偵事務所に相談してください。

 

特に、実績があってテレビにも出てくるような信頼できる興信所を使うことをおすすめします。

 

当てにならない警察のストーカー相談

逆にイマイチ頼りにならないのが警察のストーカー相談です。

 

ニュースでもストーカー被害を相談していたのに、警察はまともに取り合ってくれなかったとか、事件が起きてからじゃないと動けませんと言われたという話をよく聞きますよね。

 

単なるつきまとい程度だと警察の動きが鈍いのは事実でしょう。

 

ただし、相談もしないよりはしておいた方がマシではあります。全く話をしていないときよりもしておいた方が通報などがあった際、警察の初動も速くなりますし、徐々にではありますが、警察もストーカー対策に力を入れ始めているからです。

 

ストーカーからのメールや手紙

ストーカーは直接あなたに接触してくるよりも手紙やメールで連絡してくることが多いはずです。他には無言電話などもあるでしょう。

 

結局、勇気がないのがストーカー気質の特徴です。そういった物は気持ち悪いのですぐに捨てたくなるでしょうが、これらは立派な証拠です。ですから捨てることはせず警察や探偵に証拠として見せるようにしましょう。着信履歴なども同様です。