不倫の時の復縁

復縁するのもアリ

不倫をされたら、「探偵を使って証拠を集めて慰謝料請求」と煽る人がたくさんいます。

 

たしかに、もう愛想がつきたという人はそうすれば良いと思います。私もそうしました。でも、「もう一度やり直したい」「生活もあるしできれば離婚したくない」と考えるのも自然な気持ちだと思います。

 

特に小さいお子さんがいたり、専業主婦の方は離婚をしても先行き不安だと考える人が多いはずです。

 

このページでは、不倫をされたけど、もう一度夫婦でやっていきたいと考える人のために取るべき行動を教えたいと思います。

きっちり別れてもらう

当たり前のことですが、不倫が発覚したら、二人にはきっちりと別れてもらわなくてはいけません。

 

この時、大切なことは、書面ではっきりと「もう二度と二人で会わない」と約束してもらうことと慰謝料を取ることです。

 

いくら相手に口ではもう会わないと約束してもらったとしても、それを鵜呑みにしてはいけません。口約束をきちんと守るような人なら最初から不倫などしないからです。書面で次に会ったら1回につき10万支払うというような取り決めをしましょう。

 

また、慰謝料も必ず取りましょう。もしかしたら、あなたは別れてもらって二度と不倫がないのであれば慰謝料はいらないと考えているかもしれません。夫も相手に迷惑がかかるから慰謝料請求だけはやめてくれなどと言うかもしれません。

 

しかし、悪いことをすれば罰を受けるのは当然です。むしろここで甘い顔をしてしまうほうがリスキーです。どんなに反省した素振りを見せても、心の中では「慰謝料を取られなくてラッキー」と思うだけです。

 

相手の女性に対しては徹底的にやることが大事です。

 

楽しい時間を作る

別れてもらった後は、今度は不倫されたことは、すっぱり忘れることです。あなたが傷ついたのはわかります。許せないと思うのもわかります。

 

しかし、それを引きずっていてはいつまでたっても復縁はできません。不倫はした方が圧倒的に悪いですが、なぜ不倫されてしまったのかも考える必要がありません。自分は100%悪くないと考えるのもわかりますが、たとえそうでも、その考えのままではまた同じことを繰り返すだけです。

 

夫に家庭を失いたくない。家にいるのが楽しいと思ってもらわなくてはまた不倫されてしまいます。それでは復縁する意味もないはずです。

 

許せないという気持ちや、今さら自分から仲良くするなんて気恥ずかしいという思いもあると思います。それでも、自分から歩み寄ってほしいと思います。相手に優しくする。二人で散歩にでかけるといった、他愛もないことでも良いです。二人の時間を作りましょう。

 

夫婦でセックスレスになっているのであれば、なるべく関係を持つようにも努力しましょう。

 

逆に夫が不倫をした原因が、あなたが追いかけすぎたことが原因なら、一歩引いてみましょう。女は追いかけられてなんぼです。