人探し

大切な家族がいなくなった時に最も速く動いてくれるのが興信所です。

 

ただし、動いてはくれても有能な探偵を多数かかえる興信所でなければ見つかる可能性は低くなってしまいます。こちらのページでは有能な興信所の紹介と見分け方を説明します。

 

まず結論から言うと、最も有能な興信所は原一探偵事務所です。一刻もはやく調査に取り掛かりたい、緊急を要する場合は原一探偵事務所の人探し部に電話をして相談することです。原一探偵事務所の人探しページはこちら↓

人探しで有能な興信所の見分け方

日本には興信所がいくつもありますが、そのほとんどは浮気調査しかやっていません。

 

浮気調査は事前に相談者から調査対象者の情報をもらうことができます。たとえば夫の浮気調査の場合、妻が興信所に相談に行った時点で、夫の会社所在地、おおよその終業時間、帰宅時間、交通経路を聞き出すことができます。あとはバレないように尾行撮影ができれば興信所の仕事としてはほぼ完了です。

 

これに対し、人探しの場合は、依頼者から入手できる情報は限られていますし、単に失敗しないように尾行すれば良いという単純な話ではありません。対象者が行きそうな場所や縁のある場所に出向き、聞き込みをしたり張り込みをする必要があります。

 

非常に難しい仕事です。

 

浮気調査とは違い、人手や時間が掛かる仕事です。しかも仕事の失敗で夫が失踪したケースでは急いで発見しなければ命に関わるケースもあります。また未成年の子どもが家出をした場合なども犯罪に巻き込まれる前に見つけ出さなくてはいけません。

 

難易度が高い上に、リスクも大きい。それが人探しや尋ね人、家出調査という仕事です。

 

こういった大変な仕事であるため人探しができる興信所というのは自ずと限られています。だいたいどこの興信所のホームページをみても力を入れている案件は浮気調査となっています。

 

まず、対象者は日本のどこに移動するか読めないので全国に支店がある興信所でなくてはいけません。たとえ東京で家出をしても、すでに他の道府県に移動している可能性があるからです。

 

全国対応と銘打っている興信所は多いですが、実際のところ本社から調査員を派遣したり、現地の探偵事務所に仕事を外注しているところがほとんどです。浮気調査はそれでも良いのですが人探しに関しては必ず支店を持っているところを選びましょう。

 

そうなると、日本では実質的に原一探偵事務所しかないのです。原一探偵事務所は本社含めて18店舗あるからです。

 

原一は全国各地に支店があるだけでなく自社調査員の数も飛び抜けています。バイトや派遣、外注で探偵の数を水増ししているその辺の興信所とは理由が違います。

 

もちろん、その分、費用はかかります。ただ10万円払って見つからないのと、50万円払ってきちんと見つけてくるのがどちらが良いかという話です。中途半端な調査をして見つからないのであれば最初から何もせず費用をかけないのがベストですよね。

 

そうではなくお金を払って調べるということであればやれるだけのことをやるために必要な料金は支払うという覚悟は必要となります。

 

もっとも、人探しの料金は事案によってバラバラ。原一探偵事務所では相談は無料ですから迷っているのであればまずは相談にいって見積もりを出してもらうことをおすすめします。