婚前調査

婚前調査の重要性

息子や娘が結婚することになったが、どうも相手である嫁や婿が怪しい。

 

そう感じたら、必ず婚前調査が必要です。

 

最近の若い人は貞操観念のない人も少なくありません。結婚前にそういった予兆が見られた場合、結婚後に不倫をしたりトラブルを起こすのは明白です。経歴や身上について嘘をついて結婚にこぎつけようとする悪い人間も世の中にはいます。

 

結婚してからでは遅いのです。大切な息子さんや娘さんが傷つけられる前に守らなくてはいけません。

 

ただ、調べてみるまでは相手がどういう人間かはわかりません。親が相手のことを調べていたとなれば相手の人も、お子さんも良い気はしません。

 

ですから、バレないように調査しなくてはいけません。下手な興信所には絶対に依頼しないことです。せっかくの縁談をぶち壊しにしてしますリスクがあります。

 

それではどうすれば良いのか。実力のある興信所を使うことです。

 

婚前調査で調べられること

  • 相手の親や親戚はどういった人物、経歴か
  • 学歴や勤務先は本当か。評判は?
  • 浪費癖やギャンブル癖がないか
  • 異性関係にだらしなくないか。隠し子がいないか
  • 本人に見せていない一面は?

このように婚前調査をすることで本当に結婚して良いのか。結婚に賛成して良いのかを調べることができます。

 

最近は、婚活パーティや出会い系サイトで出会って結婚するケースが増えてきています(親には友人などの紹介といって秘密にしているケースもあり)。

 

そういう場合、職場や学校などでの出会いと違い、相手の素性はしれません。付き合ってみてこの人なら大丈夫と思っても、本性を隠しているだけかもしれません。

 

後で後悔しないためには事前の調査が最も重要。婚前調査をやって後悔することはありません。