興信所の求人

探偵になりたいと思ったら、興信所に就職して見習いから訓練するのが一番の近道です。

 

ただ、興信所ならどこでも良いというわけではありません。労働環境がブラックな興信所や、犯罪行為に手を染める悪徳興信所に勤めてしまうと取り返しのつかないことになります。

 

ここでは優良興信所の求人情報をピックアップして紹介していきます。

 

・原一探偵事務所https://www.haraichi.co.jp/recruit/recruit.php
興信所の中でも最も有名で規模も大きいところです。創業43年で全国に支店を持ち、テレビ番組にも多数出演。探偵調査員は最低26万円に歩合と手当がプラス。バ軸の運転が可能なら30万円〜となっています。
興信所としては珍しく社保も完備で待遇もかなり良い方です。その分、採用基準は厳し目。ダメ元でトライしたいところ。

 

・帝国興信所http://www.teikokuweb.co.jp/recruit/
こちらも老舗の興信所。昭和25年創業。原一ほどの支店数ではないものの様々な内容の調査に携われる。待遇が書かれていないのが残念。興味があればまずは問い合わせしてみましょう。

 

・東京総合興信所http://www.tsk-tokyo.jp/info/index.html
基本給25万。独立にも寛容な興信所。2000年創業と歴史は浅いが、最近勢いのある興信所。

 

ブラック興信所の実態

探偵というのはその業務時間のほとんどが尾行と待機です。世間のイメージとは違い、本当にハードな仕事。そうであるにもかかわらず待遇はそれほど良くないのが実情です。

 

ただ待遇がイマイチならまだしも、給与の未払いであったりサービス残業を強要してくるところも少なくありません。

 

そういった時は甘んじることなく自分の権利を主張することが大切です。最近は探偵の仕事も増えてきており求人の数も多いです。待遇の悪い所で我慢する必要はありません。

 

学校に通う必要があるかは疑問

探偵は現場でのみ育つものですが、なぜか探偵学校というものがあります。

 

学校の存在を全て否定するわけではありませんが、学校で学ぶのは所詮机上の話や尾行の練習。

 

実践とは明らかに違います。高いお金を払って探偵技術を学ぶのであれば、安くてもお金をもらって探偵技術を現場で教えてもらうほうがずっとマシですよ。

 

悪徳興信所の危険性

興信所の中には調査したフリをして客にお金を請求するところや別れさせ屋のような仕事をしているところもあります。

 

これは違法行為。絶対に加担してはいけません。あなた自身も損害賠償を請求されたり罪に問われる可能性があります。自分の身は自分で守り、悪の手先にはならないこと。